「ワンブックスって、本文カラーも無料で使えるんですか?!凄い!」
と喜んで頂くことが多いです、喜んで頂けてこちらも嬉しい限り。

ただ「じゃあ、小説本文にもいっぱいカラー挿絵使えちゃうね!」
と挿絵を入れると「あれ?原稿よりクリームっぽい?」となっちゃいます。

原因は「印刷インキには白が無いから」です。
いや、もちろんあるんですけどね、白インキも。
ですが良く言われる「CMYK」には「白」はありません。

「白」は紙の色で代用しており、通常は白インキを使わずに印刷しますので、
「原稿の色+紙の色」となってしまうのです。

これが、上質紙やコート紙のように白い紙を使うならば、挿絵もちゃんとした色で印刷されますが、
「小説だから、目に優しいクリーム色の紙を使おう」とすると、
「原稿の色+クリーム色」となり、全体的にクリーム感のある挿絵になります。

もちろん、これを利点として捉えると「柔らかい印象になった!」と思えますし、
欠点として捉えると「シャープさが減った!」と感じると思います。

「ええー!じゃあ折角作家さんに描いて貰ったイラストもクリーム色になっちゃうの!」
「作家さんのイラストを綺麗に印刷したいなら、本文用紙も上質紙とか使うしかないの?!」
とお嘆きならば、ワンブックスでは「巻頭口絵用紙変更」と言う追加仕様もございますので、
イラストは「巻頭カラー口絵」としてコート紙のような白系の用紙に印刷して、
文章メインの本文はクリーム系用紙をご利用頂く、と言う事も可能ですよ。
※巻中の用紙差し込みは行っていないのでご注意を。

ちなみにお問い合わせで、
「原稿の背景が白いままなのですが、この白も印刷されちゃうんでしょうか?」
と言うご相談を頂く事もございますが、
上記のように「白=紙の色」ですので、白は印刷されません。「白=透明」ってお考え下さい。

逆に言えば「白文字」が使えないんです。
「ピンク」の文字も、紙が白ければピンクの文字ですが、
紙が違う色ならば「違う色+ピンク」です。
「よーし、赤い表紙用紙に白文字で印刷しちゃうぞうー」
と、白文字ロゴだけの原稿を作って入稿すると「印刷されてないじゃん」ってなります。
「白=透明」ですからね。

ちなみに、みんな大好きアクキーも裏から白を印刷しますが、
あの白が無いと透けて見えちゃうんですね。